購入方法

部屋の明かり

LED専用の照明器具は様々なメリットを持つものとして人気があります。
まずはその消費電力の安さ故に、光熱費を削減できることです。
それにプラスして寿命が非常に長いことから、交換の手間が少なくなることが挙げられます。
電球型のものであれば、従来の取り付け口に問題なく取り付けできますが、蛍光灯型はタイプによってはLED専用の取り付け器具に交換する必要があるので注意が必要となります。
また蛍光灯と異なり、光が単一方向にのみ進む特性を持つために、設置場所によっては不向きとなるケースがあるのも要注意です。
また、電球型のものはダウンライトには不向きとなります。
と言うのも、LEDは熱に弱いので、密閉された場所での使用は不向きとされているからです。

LEDはこれまでの白熱電球や蛍光灯に変わるものとして注目されています。
特に白熱電球は生産が終了したことにより、現在は蛍光灯タイプのものとLEDによるものから選ぶことになります。
それぞれに特性や利点が異なるために、使用場所に合わせて選ぶことが必要となります。
また、改めて電機器具を取り替える工事が必要となるケースもあることからLEDはまだまだ普及には時間がかかる部分もあります。
その意味においては従来の蛍光灯タイプの照明器具もまだまだ多くの需要があるわけです。
ともに棲み分けが上手くされていると言える状態です。
けれども蛍光灯も生産を終了するメーカーも出てきています。
これからどのように課題とされていることをクリアするのかも注目されるところとなっています。