LEDであるメリット

電球の明かり

LED電球を照明器具へ取り付けるのは,想像する以上に簡単です。電球を使用する,一般的な照明器具であれば,買ってきたLED電球を既存の電球と交換するだけです。
ただし交換にあたっては,注意しなければならないことがいくつかあります。まず1つ目は口金のサイズです。
この点は従来の電球交換と同じですが,異なるサイズを買ってきてしまうと取り付けができなくなってしまうので,十分注意しましょう。2つ目はLED電球ごとの光の広がり方を選ぶということです。
LEDはその特徴として,光がまっすぐにしか届かず,広がりにくいという特徴があげられます。そのため,トイレや廊下などの狭い場所では「通常タイプ」を,リビングや食卓などの広い場所では「広配光タイプ」や「全配光タイプ」といた広い範囲を照らすことのできるタイプの電球を選びましょう。
電球ごとの光の広がり方のタイプは,外箱などに記載があるので,お店でチェックしてみましょう。3つ目は設置場所にあった製品を選ぶことです。
LEDには,熱や水に弱いという特徴もあります。そのためお風呂場などに設置する場合,熱や防水対策の施された専用の製品を選びましょう。

現在,お店にはさまざまな製品が並んでいますが,いままでの電球や蛍光灯にはみられなかった,特色ある製品も登場してきています。
その一つが「好みによって,色を変えられる電球」です。
従来であれば,電球や蛍光灯自体を取り換えなければ,色味は変えることのできなかった照明ですが,色を変化させることのできるLEDの特徴を生かし,スイッチ操作一つで電球の色を変化させることができます。
例えば,食事の際は料理が美味しく見える「暖色系」のあかりに。
読書が勉強の際には,はっきりくっきりと見える「昼光色」のあかりに。
といったように,好みに応じて照明の色を簡単に変化させることが出来ます。
また電球内部にセンサーを内蔵し,人の動きを感知した時だけ,自動で転倒する製品も登場しています。
自動で点灯することで,手がふさがっている状態でも電気をつけることができ,また消し忘れもないため節電にもなります。
玄関に設置すれば,夜間の防犯対策にも生かせそうです。
こうした様々な製品を活用して,あなたも便利で賢い照明ライフをおくりましょう。