比較する

ビルの灯り

現在の私達の日常生活に、電機器具はありふれた存在です。
その中でも照明器具は日々欠かせない製品になっています。
その照明器具の消費電力は、平均的な家庭において全消費電力の16%以上であるという報告がされています。
LEDはLighit Emitting Diodeの略称で発光ダイオードと訳されます。
LEDは電気エネルギーを直接光に変換する物質で、20世紀後半頃から照明として利用する研究・開発が推進されてきました。
最近では白色光を出すLEDを集積して電球の形にしたLED電球が登場しています。
消費電力の多くを光に変換するため、非常にエネルギー効率がよくて発熱量が少なく、消費電力は従来の電球の10分の1以下になり、省エネの点で普及が望まれています。

節電の点においてLEDは優れていますが、現時点で値段が従来の照明器具より高価であることは欠点として挙げられます。
ただし、長所として長持ちであることから長期的にランニングコストを考慮する必要があります。
当面は従来使用されてきた電球や蛍光灯などを併用して、使用目的に合った明かりを使うことが一般的な事となるでしょう。
電球は最初に発明された明かりで、トーマス・エジソンによって実用化されたのは有名な話です。
フィラメントに電気を流すことで熱が発生して発光します。
熱が出るため消費電力が大きい事が欠点ですが、住環境に設置設備が普及している上に値段が安く太陽光に近い光を出すため、現在でも広く使用されてます。
最適な住環境を作るためにも、様々な照明器具の特徴を踏まえることが重要です。