明るく照らすために

蛍光灯

近年、信号機もLEDに変更されるなど、様々な場面でLEDが採用されています。
照明や電気器具も、LEDを使った商品が数多く販売されています。
LEDとは、Light Emitting Diodeの略です。
日本語では、発光ダイオードと呼ばれています。
寿命が長いため、長く使わなくても、何かあったときにすぐに使うことが出来るのが魅力です。
また、高輝度を確保出来る光源なので、信号機にも使われています。
他には家電の表示ランプ・デジタルカメラにも使われています。
だんだんとLEDは身近になってきています。

LED照明は、即時点灯性が高いものです。
通常の蛍光灯電球は、点灯した瞬間でいうと7割程度の点灯状態です。
ですがLED照明だと、点灯した瞬間が10割、100%点灯となります。
またLEDは点滅にも強く、何度も頻繁につけたり消したりしても、寿命に影響が出ません。
そういった性能の良さから、災害時に役立つ懐中電灯にも使われ始めています。

LEDは、生活に密着し始めています。
日中は太陽の光で生活可能ですが、人は夜になると、照明や電気に頼るしかありません。
毎日使うものだからこそ、電球を変える回数が少なくなる・寿命が長いものがいいとされ、LEDが多くの照明に使われています。
LEDの発光原理は、光の三原色を混光する方法を使って、白色を表現しているため、輝度が高くなっています。
企業だけでなく、家の中の電球もLED照明に変える人が増えてきています。
家庭用に、照明や懐中電灯などの商品が多く販売されています。

オススメリンク

  • BED STYLE

    ベッドは通販サイトだとお手頃価格で購入することができるのです。自宅のインテリアをしっかりと考慮して選びましょう。